書籍一覧

NEWS~4人の想い、明日への言葉~

永尾 愛幸 [著]

2016.8  B6判 / 192頁  ISBN: 9784884698829

1,296(本体1,200円)

カートに入れる

『僕が常に"前を向いて歩く"ことにこだわっているのは、やっぱり後ろを向きながら歩いても何も残ってないし、そこには絶対に夢や希望がないから。だって夢は自分が前を向いて歩いた先にしかないし、希望はそうやって進み続けるヤツにしか明かりを灯さない』 ~手越祐也~


 4人の固い絆と強い結束、そして4人それぞれの個性と存在感で、より輝きを増した"NEWSの今"に迫る―
彼ら4人が舞台裏で発した"言葉"と、周辺スタッフが伝える"エピソード"を独占収録!
 NEWS4人の"想い"と、明日へ繋がる彼らの"言葉"が詰まった1冊!!


★小山慶一郎
・『何だろう? NEWSは"いろいろと乗り越えて来ました!"系の空気感を出さなきゃいけないのかな。単純に良いことも悪いことも、全部自分たちの糧にして生きて来ただけなのに』

・『ウチら4人にはリーダーはいらない。互いに尊敬しあっていれば、グループの輪が乱れるわけないもん』


★加藤シゲアキ
・『やっぱり9人でスタートしたグループが4人になって、しかもWエースの2人がいなくなったんだし、みんなパニックに陥ったに決まってるじゃん(笑)。 "加藤シゲアキ"に変えたのもいろんな理由を話して来たけど、要するに自分がこれから芸能界で勝負していくための気合いづけというか、崖っぷちの決意表明みたいなもの』

・『NEWSが学校だとしたら、これまでの試練でみんな偏差値上がってるね。ここまで残ってるメンバーは、間違いなく超選抜クラスだもん』


★増田貴久
・『これまでも、そしてこれからも、自分の目標に自信と誇りを持って仕事に臨む気持ちだけは忘れたくない。そりゃあもちろん、たくさん迷ったりたくさん悩んだり、その繰り返しがこれからも襲って来ると思う。でも横を見たら、小山とシゲと手越がいる。安心させてくれるメンバーがいる。僕にはそれが何よりも心強いから』

・『ホームラン1本で1点取るより、ヒット4本で1点を取る、コツコツとした生き方のほうが性に合う』


★手越祐也
・『最初は"バラエティで結果を残せるわけがない"と言われ、今は"そろそろ体を張る仕事はセーブしなよ"って、大きなお世話でしょ。そもそも面白いと感じた仕事に挑戦しないと、人生損するのがわかんないのかな?』

・『誰が読んでも美しい物語のように生きるのではなく、次のページをめくるのが楽しみで仕方がないような、そんな生き方をしたい』

NEWS~4人の想い、明日への言葉~

購入方法